神戸概要

神戸光の村授産学園  (社会福祉法人 光の村) 定員30

卒業後の教育施設 入所4年で自立を目指す 

651-1614 神戸市北区淡河町木津383番地 電話078-950-5101 fax078-950-5135

就職できなかった卒業生が就職を目指す教育施設

昭和40年代末から低落を続けた養護学校卒業生の就職率は、この教育の義務化でも歯止めにはならず、昨今では20%を割る学校が増えている。

原因は悪循環となった依存生活と過保護が自立心を損ない、問題を重度化させ、教師たちは教育の「つぼ」をとらえかねてきたことによる。

光の村ではこれを「生活による崩壊現象」ととらえ、「依存生活が壊した者を自立する生活で改める」ことにした。この点全寮制の学校は強い。あわせて耐性の弱い依存体質を、ねばり強い独立者の体質に変える「体育」と、「仕事」への参加・集中・持続の指導を気長く続ける。

光の村は既にこの方式で、就職できなかった養護学校卒業生の再教育施設(千葉光の村授産園・昭和63年開所)を作り、平均59%の就職率。神戸光の村授産学園はその西日本版である。

  

   生活棟       木工・製菓工場       製菓実習・独自製品

  
木工作業作品